Sincの運営について

  • 2024/06/27
  • SincLife

最初は、命の部屋というアニメ小説を書き始めてからだった。
アニメ小説を投稿しても、もちろん、成果は少なかった。
次第に、新しいことを思いついた。それは才能ある人を選んで、コラボしてもらうことだった。

2つの考えは全く違うが、どこかで、その2つを組み合わせることができると気付いた、
それが、現在のシンクになっている。
また、書籍の販売には、紙と電子があることを考え、自分で電子書籍作成ツールを開発した。