顧客の集め方

  • 2024/06/27
  • SincLife

収益を得るには、顧客が必要である。
収益を得る際、顧客を知り合いから集めようとするのは、全く持って論外の考え方であ
人間関係の構築として、ゆくゆくは、知らない人にもアプローチをかけていかねばならない。
このように、事業で利益を出すには、いづれ、全く新たな人間関係を構築していくべきフェーズがある。
新しい人は、自分が積極的に持てる能力を発揮していれば、集まっていく。
顧客が増えないという話は、限界を知るまでつきまとう。
しかしながら、自分の成果を目に見える形で残していけば、顧客が、集まる。

また、同時に成果が残ることで、利益が出て行くようなシステムを作るべきだと感じている。
顧客にも、ステップがあり、まずは認知してもらうことから始める。
認知の先に、購買もあるが、まずは認知を増やすべきである。
それは、購買につながる成約率を高めるより、流入を増やした方が良い。

しかし、品質の面が向上しない製品を出し続けては、いけない。
商品の販売は、商品だけでなく、その他の組織体制などのグループとして、表現されるべきである。