プログラミング言語の個別の特性

  • 2024/06/27
  • SincLife

プロダクトは、どの言語が適正か、考えた方がいい。
自分としては、Pythonが幅も広く、使いやすかった。
すべての言語は、プロダクトを出すためにあると考えた方が良い。
プログラミングごとの特性は、次のようになる。

C#は、Unityでゲームを作る際に必要となった。
C#は、堅い側面があり、高度な概念も多い。最初に、学ぶ言語としては、ハードルが高い。

Javaは、一つ一つの概念を学ぶには、取り組みやすかった。しかし、Javaの中でのコンストラクターの使用方法は、他の言語と異なるなど、確かに相異点があるので、学習コストはある。
検定もあり、勉強はしやすい。最初に取りかかるには、比較的良い言語。

C言語は、自分が挙げた言語の中でも、最初に起きたプログラミング言語となる。
取り組みやすいが、ファイル操作などが、今の言語と比べ、用意ではなかったため、学ぶ意味を問われると、難しいと言えるだろう。

JavaScriptは、サイトを動くようにするのに、必要となる。見栄えを良くしたり、サイトデザインを仕事にする際は、必要な分野となる。

これからも分かるように、プログラミングごとの接点はあるが、必要となるプログラミング言語を見極めなければならない。