ソーシャルネットワーク

  • 2024/06/27
  • SincLife

SNSは、多く存在するが、今の所、個人が生計をたてていけるSNSは、少ない。
YouTubeは、収益化の困難さもあり、自分は遠くから見ている
収益を上げることに限れば、普段使えないSNSは、商売にしても使わないことだ。
それは、労働力を確保するためだ。

多くのSNSは、個人のために作られながらも、個人の利益確保のために作られているとは言えない。
そんな中でも、サイトは、個人でも収益をあげられる。
これは、サイトが自身の責任を持って運営していく必要があるからだと思っている。
サイトを作ること自体は簡単だが、ああ自分は、これを使ってしかもうからないと思い至るまで、疲弊しきった。

まず、友人にメールを送ったが、公的に役立つことを伝えたい場合は、役にはならん。
動画、言葉、写真と各ツールが必要とするものは違うが、特殊な場合を除いて永遠にはもうからない。
プラットフォームの専有率は、収益の上げやすさを示す。