リスク許容度を考える

  • 2024/06/26
  • SincLife

私が、トレードをする上で、大事にしていたのは、リスク許容を考えるということです。

そのために、守っていたことは、これらのようなことです。

1.何もないところで仕込まない

レンジ相場で上昇したところで、空売りを入れたりしても、利幅が狭いことから、自分が想像していたより、利益が出なかったことが多くありました。

何もないところでポジションを持つと、そのポジションをずっと、持っていなければなりません。

何もないところでは、静観し、様子を見るのが良いでしょう。

2.長い視点から短く取ることを大切にする。つまり、長期の受給から必ず短く読む。

自分が、短いエントリーをする際、それが、大きなトレンドと逆行していないか、確認することは大事です。トレードが、読みがあっていても、負けてしまうものだということが、ここに集約されています。

例えば、短いエントリーで空売りで儲かっても、大きなトレンドが上昇だった場合、待てば待つほど、利益は減ります。それは、短いトレンドが、大きなトレンドに集約されていくからです。

このように、自分がエントリーしているのは、どの時間軸か、事前に判断しておくようにしましょう。