SincBlog

起業する

ビジネスの始まりは、何かを販売することから始まる。

何を販売するかは、自分で決められる。

これは、どちらかと言えば、決めなければならないとも言える。

ビジネスの始まりが、何になるかは、始めるまで、誰にも分からない。

最初は、販売するというよりも、商品を置いておくという方が正しいだろう。

自分で売れて欲しいものを、商品として、自然に前に出して行く。これが、販売につながる

商品の品質は、その商品が、自分のためになるかで決まる。 商品が自分にとって価値が高ければ、誰かも同じように、信じてもらえるだろう。

商品を作る際は、持っている知力を全力で提供していく。

それが唯一の自信のある値段で売る秘訣となる。

商品の品質は、顧客が欲しいと思える段階まで、高められていなければならない。

顧客の集め方などを、気にかけず、アウトプットを重視していくべきだと信じている。

それは、ビジネスをやってみれば分かる。

余裕があれば、自分の利益が、どのように作られるか考えると良い。顧客との接し方、利益創出の方法など、多くのことを考えなければならない。

顧客との接し方については、どのように顧客と長期的に接し、会計をしていくかを考えなければならない。

販売する商品は、初期では、2つ以下に絞るとしたら、次のようになる。

一つ目は、誰かに何か商品を販売する。

一つ目では、プロダクトを販売していくため、それが商品として、完成していなければならない。

二つ目は、何かを教えるまたは、新しい形の販売の方法。

二つ目に習えば、製品が販売できるまでは、その製品の売り方を教えることで、利益を得ることもできる。

結果として、私個人では、もしその製品が売れるなら自分で売ったほうが良いと思っている。

他社の販売土壌に任せれば、多くの大変なことを省けることもあるが、利益が大きく限定される。コストがある場合もある。

潜在的なコストを減らすには、自分のプラットフォームで、商品を展開していくべきである。

それが無理な場合は、自分のプラットフォームに近い形で、コンテンツを展開していくべきだと思う。

理解が、進むようにいえば、自分が創造した製品を、自分のプラットフォームで販売するのが、一番楽となる。